ななてぃの独りごと×ドイツごと  2017年8月~ドイツ留学中

たまに独り言を言ったり、ドイツの事を語ったり。。

To live is to think. 後悔のない留学生活にするには?

もうすぐ留学して半年が経とうとしています。
11月に入ってからは、時が経つのが本当に本当に早かった!!!!!


そして振り返ると、最初の3か月は、本当に長かった!!!!!

色んなことに直面して、問題を解いていっても、次から次へと新しい問題があって、前が見えない状態でした。

だから日本に帰ったらあれしたい、これしたいって考える日も多く、やっぱ留学は半年だけでよかったんじゃないかなって思う日もしばしばありました。


けど、留学して三か月経つと、次第に解かなければならない問題の数が減り、今は、これから何をしようかという風に考えられるようになってきました。


ただ、残す留学生活は、あと半年。。

ちょうど折り返し地点と思うと、たったあと半年で何ができるんだろうって色々考えます。

『この半年がすぐだったんだから、あとの半年もすぐだよね。。』


『後悔しない留学生活ってどうしたら送れるんだろう?』 『今後につながるような知識や経験を積むことはできるのかな?』


正直、不安でいっぱいです。



私は、もともとAからCまでの距離を半年で行こうとしていたのに、Bまでたどりつくたどり着くのがやっとだったんです。


ただ、ここで後悔してはだめで、何が今後できるか、ということを考えないとと最近は思い始めてます。



私の父は、私が幼い頃何か失敗をしてしまったとき、怒るのではなくて、
『起こってしまったことは仕方ない。次何ができるか考えなさい。』

といつも私に言っていました。


その父の口癖を留学中の今ふと思い出し、前を見なきゃ始まらないっていう結論にたどり着きました。


普通に考えたら、あとの半年でCまで行くのが普通だけど、Bまで行くのに苦労した経験を活かせば、Dまで行けるんじゃないか、いやもしかしたらE、Fまで行けるかもしれない、そう考えています。

そして、

後悔って無価値。

そうも思えてきます。



これまでの半年でやり遂げられなかったことって沢山あるけど、あの時あーしておけばよかった!って考えるのはやめて、あの時は、あーしかならなかった、でも次には活かせるって考えよう、って思ってます。



なのでこれまで半年間の失敗を自分のスキルとして活かして、あとの半年、頑張っていこうと思います!ヾ(o´∀`o)ノ
そして仮に、あとの半年、自分の思うようにならなかったとしても絶対半年後、後悔はしないということ、ここで宣言しておきます!!!(*・`ω´・)ゞ



少しいつもとは違うジャンルでしたが、最後まで読んで下さってありがとうございました!

もし、留学のことや海外滞在で何か相談や悩みがあれば、ぜひお話ししてください(。>ω<。)ノ
コメント、InstagramのDM、いつでも大歓迎です(^-^)/



では、また!チュース(´∀`σ)σ




スポンサーサイト
  1. 2018/01/17(水) 21:33:21|
  2. ひとりごと
  3. | コメント:0

今の彼と出会う前の話

今日は、お腹が痛くて一日中ベッドでゴロゴロしてました!
大学の先生も体調を崩したらしく、授業もお休みになったので、ずっとゴロゴロ。。


そして、ベッドの上でスマホを触っていると。。


映画、『先生!』の広告が出てきました!広瀬すずちゃんの!面白そうな映画ですね(^-^)/



それでふと思い出したんです、あっ私中学の時、小説を書いてたなって!ww



私が小学校5年生くらいの頃、ケータイ小説がすごい流行っていて、実は中学生の時、私もネットでケータイ小説を書いてました!笑

でも結局途中で書くのをいつの間にか止めてしまっていて、それから5年程開いてなくって!

けど、今日は暇だったので、そのサイトを開いてみることに!!笑


ほぼほぼ何を書いていたか忘れていたのですが、読み始めると私が書きたかったストーリーが蘇ってきて。。(´∀`*;)ゞ
使っている言葉が若いし、古いことには笑いました(=∀=)
今の時代、スマホなので、『ケータイのストラップを貰った』、と書いてある部分を読んだときには、少し時代を感じました((∩^Д^∩))笑




そして、なんとなくでIDとパスワードを入れてみるとなんと一発でログインできてしまい!!笑

これは奇跡に近いww だいたいパスワードとかすぐ忘れてしまうんですけどね。。




これを読むと面白いことに、その小説は中学の時、自分がどんな子だったかを思い出すきっかけになりました!


中学というと、今の彼と出会う前でした!恋愛対象は基本的に日本人しか考えてなかったし、台湾ドラマ、韓国ドラマが大好きな時でした!洋楽や洋画などを好きになり始めたのは確か今の彼に出会ってからではないかと思います。
色んな先生から、『ナナコさんは本当に韓国が好きですよね~!』なんて言われてましたo(^▽^)o (学校に持って行っていたノートの表紙は全部韓国語で書いていたし、スケジュール帳も韓国語で書いてたので、そう言われてました。)

それがまさか一年後には、『私、ドイツ語学科に行きます!!!』って担任の先生との面接で宣言してますからね笑笑

先生もなぜ韓国からドイツ!?ってなってました笑


学校外では、ファッション雑誌の記事を寄稿してました!
お家には雑誌の撮影で使われた靴やコスメがしばしば届いて楽しかったのを覚えてます。何かを書くことが好きなのはその時から変わってないです(* ´ ▽ ` *)


学校の成績は真ん中ぐらいだったと思います。物理は好きだったのですが、化学と数学が嫌いだったので文系を選んだのも中学生の時でした。


恋愛は、色々ありました。(今の彼と出会ったのが高1のときだったので、過去の話はほとんどないに等しいですけどねo(≧ω≦)o笑笑)


そんな感じで、中学時代は今とは違う生き方をしていましたが、小説を見ると根本的に変わってないところも自分で知れて面白かったですo(^▽^)o 



あーーーでも5年って大きいですね、、、。。しみじみします。。




今から5年後、自分がどんなことをしているのか、気になりますo(≧ω≦)o










  1. 2017/12/08(金) 00:16:57|
  2. ひとりごと
  3. | コメント:0

The grass is always greener on the other side of the fence.

The grass is always greener on the other side of the fence.


これって、日本語もほとんど一緒ですよね!『隣の芝生は青い』です。



留学してから3か月が経つまでによく思っていたことは、とにかく『隣の芝生は青い』ってことでした。


特にドイツに来てから一番よく思っていたことは、日本っていい国だってことです。
痛切に日本人でよかったって思った場面が本当にたくさんありました。(いつかの機会にどんな場面があったか紹介するかもしれません)
そして、帰りたくて仕方ないと心の底から思っていたのか、留学してから二か月目は日本に帰国する日の夢や、帰国後の生活の夢ばかりでした(つД`)ノ


あれだけ、日本を出たい出たいと思ってドイツに来たのに、ドイツに来たら、日本の方がよく思えるっていう笑 本当に不思議です。笑 (今までに留学した人から同じような話を聞いた時には、そんな、まさか~なんて軽く疑ってましたけど、想像以上に日本の良さに気づかされました笑)



あと、他の場面で感じたことと言えば、語学の上達度について。

同じクラスの子の方が絶対私よりドイツ語ができるのではないかとか、留学せずに日本に残っているクラスメイトの方が実はドイツ語が上達しているんじゃないか、という風に思うことは多くありました!
また自分が今居る留学先は、あまり語学の授業がないところなので、他の地域にいる日本人留学生の方がドイツ語がもっとできているんじゃないか、と思ったりもしました。



そんな感じで、比較してばかりの生活を送ってました。よく、

『留学生活は二か月目が一番辛い』

と色んな方から聞いていましたが、まさにそうでした。



でも、そんな比較してばかりの生活から最近ようやく抜け出せたように思います。(´∀`*;)ゞ

今まで、全く知らなかったことが徐々に分かるようになってきて、大体のことにようやく慣れてきたんだと思います。



もちろん全く比較しないか、と聞かれたらそんなことはありませんが、比較が苦ではなくなりました。



例えば、日本とドイツの比較で言えば、日本のこういうところってドイツと比べると好きだな、とかドイツのこういうところって日本と比べると良いなって、思えるようになりました。



今も日本は恋しいですが、最近はドイツを楽しめています(#^.^#)


例えば、ドイツでは、インターネットショッピングが盛んなので、あらゆるものを色んな地域から輸入できますし、この前のブラックフライデーでは、私が住んでいる地域でも本当にたくさんのセールがありました!(*^_^*)


そして、ブラックフライデーが過ぎると、いっきに街はクリスマスモードです!
スタバの限定ドリンクも美味しいし、スーパーに売ってあるものもクリスマス関連のものが多くあって、最近始まったクリスマスマーケットもすごく盛り上がってます(*´v`)
あと、つい2日前からアドベントカレンダーを開けはじめたので、本当にクリスマスまで楽しみです(ノ´▽`*)b☆



夢も最近になって変わってきました!
今までは、結構しんどい夢が多かったんですが、最近は夢で疲れることがあまりないし、この前はドイツ語の夢も見ました!
今までドイツ語で夢なんて見たことなかったんで、びっくりしましたが徐々にドイツに馴染めてきてるのかなと思うだけで嬉しいです(^∇^)
 (ちなみに夢の中でも、ドイツ語の文法に葛藤しながら話していましたww 夢の中でぐらいスラスラって話したいのに、残念ながらそういう訳にはいかないようです笑笑 ドイツ語との闘いはまだまだ続きますw)




そして、友人との比較ですが、最近はあまり考えなくなりました(´ω`人)


人によって上達の速さって違うし、自分なりに頑張ればいいんだって思えるようになってきています。
あとドイツ語もできるようになりたいけれど、私の留学の一つの大きな目的は、新しい自分を見つけることなので、言語の上達だけが留学と考えて苦しまなくてもいいんじゃないかなって思って、少し今は自分に甘えてます笑




今後、また心境は変わってくるかもしれませんが、今日は少し今までの心境の変化を綴ってみました(´∀`*;)ゞ




でも、ちょっと今回つまらない話になってしまったので、最後にこちらをご紹介!!

ぎゃあああ。。!!
なんてセクシーなアドベントカレンダーwww これは、やばい笑笑
味が不確かだし、24日間このセクシーな大きいアドベントカレンダーがうちにあると思うと、ちょっと恥ずかしいんで買いませんでした((∩^Д^∩))笑 (ちなみに私は、この中なら左が好きww どうでもいい笑o(≧ω≦)o もちろんセクシーな女の子バージョンもありました笑)

IMG_20171118_165534.jpg


そして結局買ったのは、こちらのLindtのアドベントカレンダー!
もう一つ別の種類のものを彼にプレゼントしました!やっぱりLindtのチョコは美味しい(* ´ ▽ ` *)

IMG_20171202_210258.jpg


ちなみに、チョコ売り場には、たくさんの可愛いチョコが売ってあります(*^_^*)この時込んでて一枚しか写真取れなかったけど、また機会があったらいっぱい写真撮ると思います(」*´∇`)」

IMG_20171201_140948.jpg



まとまりのないブログになりましたが、今日はこれにて!チュース!((⊂(^ω^)⊃))










  1. 2017/12/03(日) 22:31:25|
  2. ひとりごと
  3. | コメント:0

Better to ask the way than go astray

もう週末になってしまいました!本当に一週間があっという間に過ぎてしまいます。


昨日の授業で1つ気づいたことがありました。
それは海外の学生は本当によく質問するということです!例えそれがどんなに簡単な質問でも、質問するんですよね!
みんな人差し指を挙げていて本当にすごいなって思いますし、威圧感さえも感じます。(=゚ω゚)ノ
(ちなみにドイツでは、手を日本のように挙げてはいけないので皆だいたい人差し指だけ挙げます。)



日本にいたときに、友人でもあり先生でもある人に、

「なんで日本人の生徒は大学で質問しないの?」と私に聞いてきたので、


「それは、日本人は聞くのが恥ずかしいことだと思ってるからだよ。頭の悪い子が質問するもんなんだとか、間違えるのが怖いって思っている人が多いんだよ。」と私は答えました。


そして、現在留学中の私は臆病で、私がその友人に答えたように、質問するのは超苦手な学生です。。。
授業でやってることが難しいので質問したいのですが、なかなか自分で指を挙げるのは勇気がいります。


でも、周りのクラスメイトを見ていると、Better to ask the way than go astrayだなって思います。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥、ですよね!道に迷うより聞いた方がマシじゃん!ってことです。


実は、この英語のことわざで面白いのが、Better to ask the way than go astrayには『恥』という要素が含まれていないことです。
これに似ているもので、Asking makes one appear foolish, but not asking makes one foolish indeedなんてのもありますが、これにも『恥』という要素は含まれていません。

それに気づいたとき、恥っていうのは改めて日本の文化、価値観なんだなと私は思いました。
まさにベネディクトさんの「菊と刀」の通りですね。。。


と言っても、ここで私は恥の文化出身だから!!!といって質問しないのはまた違う話なので、恥は搔き捨てて、ドイツでは頑張りたいものです!!頑張ります!( ̄^ ̄)ゞ

  1. 2017/11/11(土) 01:54:02|
  2. ひとりごと
  3. | コメント:0

There is no time like the present.

今回からちょっと新しい感じで書いていこうかなと思います。



いきなりですが実は私、ことわざや慣用句が好きなんです笑笑 

好きになったきっかけは中学受験時代、ことわざや慣用句を暗記したときだったと記憶していますが、中高時代は会話で使って古臭いやつだと思われたくなかったので、おじいちゃんと国語の先生との会話だけに使ってました。(これめちゃくちゃ楽しいんですよ!なんか暗号みたいな感じで笑)

最近はとりわけ会話で使うことはしないですが、ことわざや慣用句はいかにもその土地柄やその国の価値観、考え方などを表しているみたいで今でも好きなんです。



そしてついこの間気づいたことがあって!
それは、、、ドイツ人の年齢高めの人たちは、ことわざを会話で使うのが好きなんです!笑
なんでなのかよく知りませんが、結構な頻度でおじいちゃんおばあちゃん達が使ってます。

それに気づいたときは、ここに来てやっと心通ずる者に出会えた、、!といった感じでしたね(^∇^)ノ


ちなみにドイツではことわざのことをSprichwortといいます(^-^)/
でも言ってもそこまでたくさんのドイツ語のことわざを知っているわけではないので、これからは英語のことわざを投稿していくと思います。

今回は、There is no time like the present.

思い立ったが吉日、です!

今回から新しいテーマで書こうと思ったので、このことわざを選びました!

これは日本語も英語もさほど変わりませんね!

今という時間は今しかないんだぞ!つまり、思い立ったらすぐにやれ、善は急げってことですね!

これに似た言葉で、『明日やろうは、ばかやろう』って言葉が結構私のモットーだったりします。


人生一回きり、出来るならやりたいって思ったときに実行するのがいいなって思います(*´ω`)┛














  1. 2017/11/11(土) 01:01:32|
  2. ひとりごと
  3. | コメント:0

ひとりごと② なんのこっちゃ、やっぱり英語なんですね。

今日は現在の生活について書きます。カテゴリをひとりごとにするかドイツごとにするか迷いましたが、
これには正直私もびっくりしてます。

まあもともと英語とドイツ語両方向上できたらいいなと思ってドイツには来ましたが、最初の半年は英語を使うことがどうやら多いかもしれません。。

理由①
オリエンテーションや学籍登録、講義などが基本英語で行われる。

私の大学は留学生向けのオリエンテーションや講義があるので、それらは基本英語です。私のようにドイツ語学科でドイツ語を学びに来ている学生は非常に少なく、大体は別のことを学びにドイツの大学に来ています。そして英語で授業を受けることができるからという理由でドイツに来ている人も珍しくないです。なので、大体の大学での使用言語は今のところ英語です。

studyabroad


理由②
留学生はドイツ人の学生より他国の留学生と出会う率が高い!

現在私は、英語の講義だけでなく、ドイツ語の授業にも参加していますが(というより、本当はドイツ語の授業が私のメインであってほしかったのですが笑)、ドイツ語を習う授業なのでもちろんドイツ人はいません。という訳で、授業内では英語を使わないですが、授業が終わってしまえば、もう英語が日常言語になります。
なんといっても、ドイツ語は細かく文法が決まっているので、ドイツ語中級レベルだと英語の方が話していて楽なんでしょうね。私も、やっぱり話し慣れていないドイツ語よりは英語の方が数倍楽だと感じてしまいます。

(ちなみに私の取っている授業よりレベルが高い人たちはドイツ語の上級者たちなので、アメリカ人でもドイツ語を日常で話しているのを見かけます!本当に尊敬します(。>ω<。)ノ)


あと大学主催のイベントやパーティーなども結構開かれるんですが、ドイツ人はほとんど見かけません!という訳で、みんな英語で話します。しかも私の大学は英語開講の授業が多くあるので、私の友人はドイツ語のアルファベットの読み方も分からないと言っていました笑笑 (逆に言うと、ドイツ語が話せなくてもドイツで学生生活を問題なく送れるってことですね!!!(゚∀゚) 

lights-party-dancing-music.jpg


理由③
英語が通じちゃう。(そしてドイツ人は、ドイツ語が超難しいと思っている。)

これがひょっとすると最大の理由かもしれません!!
ドイツでは、大学に行っている人であれば英語は問題なく話せる人が多いです。そしてドイツ人の誰しもが、ドイツ語は難しい言語だと思ってます笑

確かに難しいです。例えば、英語のtheに当たるものが、女性形、男性形、中性形、複数形の1格から4格まであるので、16種類あります。覚えることは聞くほど難しくないのですが、前置詞によっても冠詞が変わってしまうので、それを即座にこれだ!と話している途中に分かるのは、大学で初めて学び始めた学習者からすると難しいです。そしてそれをドイツ人もよーーく分かってます。


なので、私が日本人の留学生であると判断した瞬間、英語で話してくるドイツ人が非常に多いです。そしてそれに甘んじてついつい英語を話してしまうこともよくあります。
(一部のドイツ人は話せると悟った瞬間、ドイツ語でかなりピッチを上げて話してくるのでヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3笑)なんとなくつぶやきっぽいことを書きたい気分なのでひとりごとのカテゴリで書きます( ̄^ ̄)ゞ

現在ドイツに留学中ですが、言語の使用頻度は明らかに英語の方がドイツ語より高いです(´・Д・)」



そしてこれは実に悲しくも世界的に有名な話ですが、「日本人は英語が話せない」ということがドイツでも有名です。なんで、英語もまともに話せない日本人がドイツ語も話せるわけ。。笑っ という感じで軽くあしらってくる人もいます笑 

(そんな感じなので「日本人なのに英語話せるのどうして?」と真顔でよく聞かれます、いや失礼でしょ!( ゚Д゚)
でも、まあ日本だと、金髪のいかにも外国人みたいな人が日本語ペラペラだと、すごいね!どうしてそんなに話せるの?と聞くのと同じような感覚だと思います、、。ただ、英語を母国語としていないドイツ人に言われると、なんか複雑な気持ちにもなりますね|ω・`)

だから私の平坦な顔を見て、即座にドイツ語で話しかけようとはならず、まずは英語で試してみようかとなるわけですね。。悲しい。。


これら3つの理由があるので、現在ドイツ語も勉強していますが、英語の方が今学期はメインになりそうです。
ドイツ語も自分で頑張りつつ、英語も伸ばすのがやっぱり理想なところですが。

一石二鳥になるか、 二兎を追う者は一兎をも得ずになるのか、それは努力次第ですね~。。





  1. 2017/11/06(月) 12:56:29|
  2. ひとりごと
  3. | コメント:0

ひとりごと① 大人一年目 

こんにちは!(^-^)/

今日は最近私が考えてることについて少しお話を。。。


前回の自己紹介の投稿で、現在二十歳ってことを書いたと思うんですが、2016年の6月に二十歳になりました。
二十歳になった直後っていうのは、はたちっていう実感は湧かないものの、とりあえず嬉しくて友達とパブに行ってお酒飲みました。笑
でも4か月経った今は、高校生の時に出会ったある美容師さんの話をよく思い出しています。


私が高校生の時、少しおしゃれしたくて、いつもの行きつけの美容院ではなく、別の美容院に行ってヘアカットして貰ったんですが、なぜか、その時にした美容師さんとの会話が今でも忘れられないんです。



***その時の美容院での会話***



「初めての来店ですよね?今日は来店してくださってありがとうございます。どんなカットにされますか?」


「ちょっと大人っぽくお願いします。」


「ってことは高校生さん?」


「はい、高校生です(#^.^#)」


「若いね~!高校生だったら今が楽しくてしょうがないでしょ?夢もいっぱいだし。いいね~!」


「いえいえ、将来何になりたいか分からないんで、すごく悩みます。美容師さんは美容師さんになるってもう高校生の時思ってました?」


「いやいや、私も高校生の時、何になりたいか分からなかったよ~。」


「そうなんですね!じゃあなんで美容師さんになろうと思ったんですか?」


「高校生の時、勉強は得意じゃなかったから、とりあえず専門学校に行って、そしたら美容師の仕事に特に興味が湧いて。それでここに勤めて今25歳だよ。いや~でもほんとに高校卒業すると、今まであっというまで。。年は取ってるんだけど、心はなんか高校生の時で止まってるというか。。。あっ今このおばちゃんと一緒にしないでって思ったでしょう?笑」


「いえいえ、そんなことないですよ~!私は早く大人になりたいので!」


「そっかそっか。でも大人になったらただ責任が増えるだけだよ。もちろんある程度自由は効くようになるけどね~!」


「その自由が欲しいんです!うちの高校厳しくって!もう早く髪も染めたいし、やりたいことがいっぱいです!笑」


「確かに卒業したら髪も染めれるから楽しいね!でも高校卒業したらすぐすぐ!好きなことできるよ!」






実はたったこれだけの会話なんですが、今は色々考えさせられます。


私は高校生の時、早く大人になりたくって仕方がなかったんですが、実際大人になってみると大人って子供と何が違うんだろうって考えます、心もその美容師さんが言っていたようになんか止まったままというか、その時から自分自身が成長してないような気がするんです。美容師さんのように仕事に就いている訳ではないので、責任というのもそこまでないですし。



もちろん大人になってやりたいことはいっぱいあったので色々やりました。
クレジットカードを作ってカードでお買い物するようになったし、旅行も長期休暇を使って自分の好きなところへ行くようになったし、好きな時間に好きなことをしてます!だから自由の身になってやりたいこと、めちゃめちゃやってます。(//>ω<)


でもそれって単純に子供が好き勝手する自由を手に入れただけのような気がして。


大人って何なんだろうって考えます。
大人ってなんで二十歳からなんだろうって。


あと、誰が大人って二十歳という風に決めたんだろう?って考えます。
そしてその「大人は二十歳だ!」って決めた人って、自分は19歳以下の子たちとは間違いなく違うっていう根拠があったんだろうかって。。





残念ながら私は、19歳以下の子たちとは、全く違う"大人"ですって言えないです。。。




という訳で、大人とは何ぞや?と今考えている私は、大人1年目のほとんどをドイツで過ごすので、どうやったら自分が"大人"になれるのかを考えなきゃなと思ってます。ドイツではちなみに大人は18歳からなので、私と同い年の人たちは日本人の私よりかは"大人の先輩"です。


日本に帰国する頃には、大人にはなりきれていなくても、やりたいことだけやる大人っぽい子供ではなく、何かしら得た人になっていたいと思います。



今日は少し変な話をしてしまいました、ごめんなさい(//>ω<)

最後まで読んで下さってありがとうございました。(*ノ∪`*)






にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
  1. 2017/11/02(木) 23:51:59|
  2. ひとりごと
  3. | コメント:2

プロフィール

nanatea

Author:nanatea
ブログを見て下さって、ありがとうございます!(^^)
2017年11月5日、アメブロで書いていた記事をこちらに移しました!
引き続きどうぞよろしくお願い致します(#^.^#)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
ドイツごと (11)
ひとりごと (7)
ブログ (31)
お知らせ (0)
勉強 (0)
学習 (0)
学習ごと (3)
留学ごと (3)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
1822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
427位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

スポンサーリンク

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる